トップ

コンピューターとブルーライト

コンピューターで疲労

コンピューターによる影響とは

コンピューターを使うことで学力に支障をきたす子供が年々増加しています。なぜなら文章を読んだり書いたりするのをすべてキーボード操作で行ってしまうので、漢字が書けないという事が多くなっているからです。小学生の段階でインターネットの使用時間を多くしてしまうと学力の方に支障が出る確率が高まります。また、コンピューターから発せられるブルーライトの影響により、目の網膜にダメージが行き早い段階で視力低下が起きやすくなります。また最近騒がれている若年性老眼にかかる可能性も出てきています。他にも体内リズムが乱れ睡眠障害や肥満になりやすかったり癌などの病気にかかりやすくなります。対処法としては、近くに植物を置くことでブルーライトを軽減させてくれるので傍に植物を置き、長時間の使用は避けましょう。

windows

ブルーライトが与える影響とは

近年、コンピュータを使用する人が増えてきています。そのなかで注目されているのがブルーライトです。主にコンピューターのディスプレイを長時間見ていることで引き起こされるものであると言われています。ブルーライトが与える影響としては眼精疲労や頭痛などが挙げられます。加齢に伴い発症すると言われている加齢黄斑変性になるリスクも潜んでいます。酷い場合には失明する可能性もありますので十分に注意が必要です。多くの方が利用するコンピューターですが、使用する時間をコントロールしながら注意を怠らないようにすることが必要です。

↑PAGE TOP